翻訳方法

翻訳を行う為には、po ファイルを利用し、Poedit などのツールを利用して翻訳します。

はじめての言語を翻訳する準備

baserCMSで利用されていない言語を翻訳するには、/lib/Baser/Locale/ 配下に、言語の国を示す3文字ロケールコードを名称としたフォルダを作成します。ロケールコードは、 ISO 639-2 標準に準拠します。もし、地域ロケール (en_US, en_GB, その他) を作成した場合はそちらを使用します。

それから、po ファイルを準備します。/lib/Baser/Locale/ 配下の、default.pot と baser.pot をコピーし、拡張子を po としてロケール名称のフォルダ配下に配置します。

例えば、中国語の翻訳ファイルの配置場所は次のようになります。

/lib/Baser/Locale/chi/LC_MESSAGES/default.po
/lib/Baser/Locale/chi/LC_MESSAGES/baser.po

po ファイルで翻訳を行う

po ファイルを Poedit などを利用し翻訳し、保存します。
Poedit 場合、mo ファイルが保存時に自動で書き出されます。

翻訳箇所が追加された場合に翻訳を行う準備

開発が進み、翻訳関数の配置箇所が増えた場合、pot ファイルを元に、po ファイルを新しくする必要があります。
Poedit を利用している場合、次の手順で、po ファイルを更新できます。

  • メニューの「カタログ」を選択
  • 「POTファイルを元に更新します」を選択
  • /lib/Baser/Locale/ 内の pot ファイルを選択
  • 追加となる文章が表示されるので、OKを選択します。